アイフルの取り立て

アイフルは消費者金融です。消費者金融はかつて「サラ金」と呼ばれていた頃に比べ、ずいぶんイメージ戦略に力を入れ、2010年に制定された改正貸金業法のおかげで高い金利で貸し付ける事もなくなりました。

アイフルもやはりCMなどには力を入れていますが、弱点として銀行などと提携を行わず、貸金業法一本で来ているという部分があります。

貸金業法は利息が収入の為、高い金利で貸し付けを行いたいというのが本音です。それが激化して、長引く不況下で返済に困る債務者がヤミ金融などから返済のめどの立ちにくい借入を行った挙句、自殺してしまうという事件が2000年代の初めに目立ちました。

アイフルの取り立てはそのころ厳しく、CMとは裏腹に厳しい取り立て体制等で厳罰な措置を取られた事もありました。
しかし現在ではしっかりと立て直す事に成功し、信用を得る事で強い金融業者へと成長できたのだと思います。

アイフルは消費者金融として運営していますが、消費者金融は総量規制の対象なので大口の融資を受けるには向いていないのが現実です。
銀行のカードローンなら総量規制の対象外となっているので、大口の融資を受ける事も可能となっています。
大口融資を希望されている方は銀行カードローンをオススメしています。詳しくはこちら→総量規制対象外の借入ならココ!年収の制限無く借入可能です

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ