賢く利用しよう:使用目的をはっきりさせよう

「今日はこの仕事をしなければならない」とか、「今日は出掛けるから、○時までに家事をすませておかなくてはならない」とか、仕事上でも、日常生活でも、私たちは「目的」を持って行動しています。カードローンやキャッシングを利用するときにも、「なんのために」利用するのか、目的をはっきりとさせる事はとても大切です。特に、使用目的が限定されないフリーローンの場合、「自由に使えるお金」という認識でいると、返済に困るような事になってしまうかもしれません。

ちょっと家計の足しに、というような場合でも、例えば「冠婚葬祭のために」「いくら必要」ということをきちんと意識しましょう。ローンやキャッシングは、最初のうちこそ抵抗がある人も多いでしょうが、現在では手続きもWeb上で簡単に行なえますし、利用しているうちに慣れてしまいます。

「足りなければカードローンを利用すればいい」と考えてしまうようになると、気付いた時には返済が追い付かない、といった事になりかねませんね。カードで簡単に買い物ができてしまう事で、「あれが欲しい」「これが欲しい」と無計画に使ってしまうと、月々の返済額が大きく膨らんでしまいます。また、カードローンやキャッシングなどでは、利用した金額には利息が上乗せされていきます。利息の返済だけで手一杯、元金が一向に減らない、などという事は避けたいですね。

収入のない専業主婦、また配偶者には知られたくない、といったような事情があったりすると、カードローンの返済のために、また2カ所、3カ所で新たにカードを作ってしまい、最終的には返済ができなくなってしまう、という事も有り得ますし、実際に過去これが大きな社会問題にもなりました。「総量規制」という法律ができた背景には、こういった事情もあるのです

賢く利用しよう:返済方法の違い

カードローンやキャッシングを利用する際に、返済方法の事まで考えていますか?借りたものはきちんと返さなければなりませんよね。そして、返済の際には、必ず利息を含めた金額を支払わなければならないのです。

支払い方法にはいくつかありますが、一番良いのは、まとめて1回で返済してしまう「一括払い」だと思います。これならば、一度で返済が済んでしまうので、利息をそれほど気にする必要もありません。一時的に少額を借り入れただけならば、翌月にでも、まとめて支払ってしまいましょう。

金額が少し大きくて、一度では支払いきれない、という場合には、何回かに分けて返済する「分割払い」という方法もあります。ただし、回数が増えれば、その分利息も上乗せされてしまいますから、一度の返済金額はそれほど大きくなくても、トータルでの支払い金額は、どうしても一括払いよりも大きくなってしまいます。

一番多く利用されているのが、毎月決まった金額を返済していく「リボルディング払い」という方法です。これは、利用した金額に関わらず、毎月の返済額が固定されています。利用者からしてみると、毎月決まった金額だけを支払えばいいので、気楽に使える反面、「借金」という感覚が薄れやすいところがあります。また、完済しないうちに次の借り入れが行なわれた場合は、その分の支払いも翌月以降に加算されていきます(残高スライド方式)。利息も加算されていきますあら、きちんと毎月支払っているのに、返済分は利息だけで、元金は一向に減らない、という事になりかねません。また、一括や分割払いに比べて、トータルでの支払い金額がずっと大きくなってしまう事が多いようです。

このように、同じ金額を借り入れても、支払い方法によっては、返済金額に大きな差がでてきてしまう事があるのです。利用する際には、支払い計画も含めて、よく考えましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ