Webでの申込・手続きについて

では、具体的にはどのような流れで申し込む事になるのでしょうか。

スマートフォンなど、オンライン環境の整備が進むにつれて、カードローンの申し込みも、Web上で簡単に手続きができるようになりました。ただし、やはりお金の貸し借りの事ですから、当然審査はあります。年収や本人確認の書類など、必要なものはきちんと揃えてから行ないましょう。また、審査に通るかどうか、簡単な事前審査を設けているサイトもあるので、そういったものを利用しても良いですね。

Webでの申し込みの場合、カードローンを利用しようと考えた銀行(あるいは消費者金融会社)のサイトの専用ページを開く事から始まります。
まず、同意事項の確認ページが表示されている事が多いと思います。後から「聞いていない」といった事がないように、面倒がらずに確認しておきましょう。借り入れ限度額などの説明も記載されているので、そちらも確認してください。

その後、専用メールフォームへと進みます。必要事項を入力しましょう。送信前に、記載漏れや間違いがないかよく確認してください。即日融資などのスピード審査の場合には、この時点で本審査まで進みます。審査に問題なければ、在籍確認(専業主婦の場合にはフォームに入力した住所に電話があります)の後、カード発行という事になります。

消費者金融の場合には、手続きもWebのみ、必要書類の確認も写メールで大丈夫、というところもありますが、銀行系の場合には、書類を郵送しなければならない事が多いです。その場合、カードの発行までにも時間がかかる事がありますから注意してください。また、審査の流れや手続きについても、金融機関によって細かな違いがあるので、利用しようと考えた銀行や、金融会社のサイトなどでよく確認してみてください。

ローンとキャッシングの違いとは?

カードローン、と聞くと、住宅ローンや自動車のローンなど、金額が大きく長期に渡って返済するもの、というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。対して、キャッシングには、言葉の通り、現金のやりとり、という印象を受けますね。

具体的に言うと、カードローンとは、個人向けに、無担保でお金を融資する、という事です。目的の決まっている(住宅や自動車購入など)ローンは、その使い道が限定されていますが、ローンにはもうひとつ、使用目的を限定しないフリーローンというものがあります。例えば、住宅ローンの場合、借り入れた資金は住宅購入にしか使えませんが、フリーローンであれば、例えば旅行に使っても良いですし、家計の足しにしても問題ありません。限度額内であれば、何度でも借り入れできますし、また返済する事もできます。ただし、金利は目的を設定しているローンよりも高めに設定されている事が多いようです。

これに対してキャッシングとは、金額が低めの個人向け融資、という事になります。身近なところでは、クレジットカードなどに付随しているものがあげられますね。金利も低めですが、返済も一括で行なうか、あるいは少ない回数で返済しなければなりません。

カードローンも、キャッシングも、「お金を借りている」という事には違いありません。ATMやネットキャッシングなどで、簡単に現金を手にする事ができるので、「借金」という意識は薄くなりがちですが、うっかりすると毎月の返済にも差し障りが出て来るような事になりかねません。「足りないから」と漫然と使用するのではなく、「どのくらいの金額」を「どんな目的で」借りるのかを考えてから利用するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ