「総量規制」とは?

そもそも「総量規制」とはなんでしょうか?

以前は低収入の人や、まったく収入のない専業主婦、といった人でも、比較的簡単に、カードローンを利用したり、キャッシングを行なう事ができていました。しかし、それが仇となり、収入に見合わない大きな借り入れをしてしまったり、また、その返済のために新たな借り入れを行なってしまうなど、返済ができなくなるケースが増えて来てしまったのです。

そのため、2010年に貸金業法が改正され、「借り入れは年収の3分の1までに制限」されるようになりました。これは、1つの金融機関から、という訳ではありません。複数の金融機関から借り入れを行なう場合でも、その総額が年収の3分の1までに制限される事になります。また、1カ所から50万円以上の借り入れを行なう場合や、複数の金融機関から借り入れを行なう場合でも、総額が100万円を越える場合には、年収を証明できる書類を提出しなければならなくなりました。

総量規制は貸金業者が対象となっています。銀行には、「銀行法」という別の法律があるので、総量規制の対象にはなりません。このため、専業主婦でも、銀行系ならば、カードローンやキャッシングが利用できるのです。この場合、借り入れを行なうのは主婦本人ですが、配偶者である夫の収入を信用して貸し付けを行なう、という訳ですね。また、銀行系は貸金業者よりも審査が厳しい事から、無理な借り入れが行なわれる事はないだろうという判断もあります。

しかし、「総量規制」という法律ができた背景には、簡単に借り入れが行なえる事で、専業主婦や無職の人などの債務超過が社会問題化してきた事があることを忘れないようにしましょう。配偶者には知られたくない、というような事情がある場合もあるでしょうが、できれば配偶者の同意を得て、きちんとした返済計画を立てたうえで行なうのがベストです。

消費者金融と銀行系ローン

前述した「総量規制」によって、消費者金融からの借り入れは難しくなりました。でも、専業主婦がまったく借り入れができないか、というと、実はできる方法もあるのです。総量規制の例外として、「配偶者貸付」という制度を利用するものです。

これは、配偶者の年収証明書、夫婦の婚姻関係の証明書、また配偶者の同意書を提出すれば、夫婦の年収合計の3分の1までの借り入れを行なうことができるというものです。収入のない専業主婦の場合には、実質、配偶者である夫の年収で借り入れを行なう事になりますね。

ただ、大手金融会社の場合、銀行が母体となっているところが多いのです。審査もより厳しくなりますし、貸し付けを行なう金融会社の方でも、手続きが煩雑になるので、嫌う傾向にあります。大手ではこの「配偶者貸付」を行なっているところはほとんどありません。専業主婦の場合、消費者金融を利用するのは難しいと言えるでしょう。逆に、正社員でなくても、パートなどで一定の収入があれば有利になります。レディスローンなど、サービスの良いものもあるので、仕事を持つ兼業主婦の場合には、こちらの方が向いているかも知れません。

金融会社によっては、「専業主婦歓迎」「配偶者には秘密で」などのうたい文句を並べているところもありますが、利用する前に、これらの事情を踏まえて良く考えてみてください。中には悪質な業者もいるので注意しましょう。

専業主婦が借り入れをしようと考えた場合、やはり無難なのは銀行のものだと思います。わざわざ「配偶者貸付」といった難しい手続きを踏まなくても、配偶者の年収が証明でき、本人確認ができれば、申し込みを行なった主婦本人の名義でカードが作れるのは便利ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ