専業主婦でもカードは作れる?

法律上では、基本的に20歳以上であれば、カードを作ったり、カードローンを利用したりできる事になっています。では、誰でも簡単にできるかというと、実はそうではありません。返済能力の有無は、銀行系であろうと、消費者金融であろうと、必ず審査があります。このため、正社員であったり、パートなどで収入のある兼業主婦ならば、自身の収入に見合った範囲内でのカードを作る事ができます。

では、仕事を持たない専業主婦はどうなのでしょうか?
収入がないのであれば、当然持てない、と思われるかも知れませんが、結論から言うと、専業主婦であっても、カードを持つ事ができます。

専業主婦の場合、審査の対象となるのは配偶者の収入です。配偶者に一定の安定した収入があれば、その収入の3分の1までの範囲内でカードローンを利用する事ができます。ただ、審査が厳しめであったり、銀行によっては、専業主婦に対してあ行っていないところもあるので、利用したいと思われる銀行などに問い合わせるなどしてみてください。

あまり好ましい事ではありませんが、なんらかの事情があって、配偶者には知られたくない、という場合もあるでしょう。審査の対象は配偶者の収入ですが、申し込みをするのは主婦本人ですので、配偶者の信用履歴には載りません。少額の利用であれば、配偶者の収入証明書なしでの利用も可能です。申し込みや取引履歴の確認もWeb上で行う事ができますから、明細書は手許におかない、金融機関からの連絡は個人所有の携帯電話などにしてもらう、などの対策を行っていれば良いでしょう。

どんな事情があるにせよ、何よりも大事なのは返済を滞らせない事です。手続きもWeb上で簡単に行えてしまいますし、「借りている」という感覚が薄くなりがちですが、カードローンやキャッシングを利用する際には、必要以上の借り入れを行わないように気をつけましょう。

返済が間に合わないとどうなる?

カードローンは便利です。借り入れも、返済も、口座をひとつ持っていればATMで行なえますし、Web上のネットバンクでも利用する事ができます。簡単に利用できるのですが、うっかり返済日までに入金できなかったり、不払いが生じてしまった時にはどうなってしまうのでしょうか?

大手銀行や、消費者金融の場合、たいていはまず、はがきによる通知が来ます。記載した番号あてに電話連絡がある事もありますが、巷で噂されているような厳しい取り立てがあるような事はありません。しかし、延滞しても大丈夫という訳ではないのです。

銀行や金融会社は、「この人は期日を守らない」という悪印象を持ちます。また、延滞記録も残るので、新たにカードローンを利用しようと思っても、審査に通りにくくなる事も考えられますね。

一度延滞すると、だいたい3ヶ月ほどの間、カードローンの利用ができなくなります(利用している銀行や金融会社によって異なります)。一度カードの利用が停止されて、その後の返済の実績を確認してから再開される事になるのです。また、カードローンの場合、返済が遅れると遅延損害金が発生します。返済が遅れた分だけ上乗せされますから、遅れれば遅れるほど、また返済額が膨らんでしまうのです。

このような事態を避けるためにも、あらかじめ返済計画をしっかりと考える事はもちろん、どうしても返済が間に合わない、という事であれば、督促される前に自分から連絡を入れましょう。いつまでなら返済を待ってもらえるかを確認する事も重要ですし、金融会社によっては、月々の返済額を少なくしてもらう事もできます。返済が遅れて連絡しづらいから、と放っておくのは良くありません。

パートなどで収入があればまだ良いのですが、仕事を持っていない専業主婦の場合は、家計や預金から、また配偶者の収入から返済をしていく事になります。なるべくなら内緒にしたい、など事情があるかも知れませんが、やはり配偶者に相談し、同意を得たうえで利用する事が望ましいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ